国立国会図書館への納本について

 納本制度は、国内で刊行された出版物を国立国会図書館に納入させる制度として、国会図書館法(昭和23年法律第5号)の制定により創設されたものです。
 国立国会図書館への納入の対象となる出版物は、図書、小冊子、逐次刊行物、楽譜、地図、パッケージ系電子出版物などです。
 国の諸機関の出版物が発行されたときは、公用及び国際的交換の用に供するため、その期間は、直ちに法定部数を国立国会図書館に納入しなければならこととされています。
 地方公共団体、独立行政法人等の諸機関の出版物が発行されたときも、これに準じて出版物を納入するものとされています。
 民間の出版物が発行されたときは、「文化財の蓄積及びその利用に資するため」(国立国会図書館法第25条第1項)、発行者は、発行の日から30日以内に、最良版の完全なもの1部を国立国会図書館に納入しなければならないこととされています。
 出版物を納入した者から請求があった場合には、当該出版物の出版及び納入に通常要すべき費用がその代償金として交付されますが、正当な理由なく納入をしなかったときは、その出版物の小売価格の5倍に相当する金額以下の過料に処せられることとされています。

 納本は義務です。図書館に納めることによってはじめて「日本国内で発行された書籍」として認められます。また「国立国会図書館」のホームページより検索することも可能です。
 弊社では定期的に一括納本しておりますので、発行後しばらくお待ちください。あしからずご了承ください。

  • インフォメーション
  • サイトマップ