本づくりのマメ知識

本のサイズ

A6判 (105×148mm) 文庫本
B6判 (128×182mm) 自分史・小説・句集・歌集・エッセイ集など
四六判 (127×188mm) 自分史・小説・句集・歌集・エッセイ集など
A5判 (148×210mm) 自分史・学術書・句集・歌集・専門書・ビジネス書など
B5判 (182×257mm) 写真集・絵本・画集・社史・専門雑誌・マニュアルなど
A4判 (210×297mm) 写真集・絵本・画集・社史・記念誌・報告書・業務用冊子など
その他、変形サイズ 写真集・絵本・画集など

用紙の種類

塗工紙 カラー印刷や写真、図版が多い書籍に使用される。
コート紙 光沢があり、カラー印刷によく使用される用紙。アート紙より発色性は劣る。
マットコート紙 光沢を抑え、しっとりとした質感のコート紙。
アート紙 光沢があり、発色性に優れた用紙。両面アート・片面アートなどの種類がある。
非塗工紙 モノクロ印刷や文字中心の書籍に使用される
クリームキンマリ 書籍用紙。上質紙よりソフトな質感の用紙。薄いクリーム色をしている。
上質紙 光沢がなく、白紙の印刷用紙。一般的に幅広く使用されている。
色上質紙 色のついた上質紙。多くの色数、紙の厚さが用意されているため様々な用途がある。

印刷の種類

オフセット印刷 最も多く使用されている印刷方式、印刷機。
版下データをアルミ版に焼きつけ、それを印刷機にセットして印刷を行う。
カラー、モノクロを問わず高品質な仕上がりになり、部数が多くなるほど単価が下がる。
オンデマンド印刷 版下データからアルミ版を介さず、ダイレクトに印刷を行う。
オフセット印刷に比べ、品質面は劣るが、少部数の場合は安価になる。

製本の種類

ハードカバー
(上製本)
表紙とする紙、または布を少し大きなボール紙に貼り合わせ中身を綴じる方式。
高級感・堅牢性があり、しっかりとした作りになり、本の背の形状で角背・丸背に分れる。

上製本(ハードカバー)の写真

ソフトカバー
(並製本)
表紙とする少し厚手の紙で中身をくるんで綴じる一般的な方式。
表紙も中身と同じサイズに仕上り、上製本よりも工程が簡単なため安価にできる。

並製本(ソフトカバー)の写真


糸かがり(糸と糊) 本の背を糸で縫うように綴じる方式。開きやすく強度に優れ、上製本によく使用される。
無線綴じ(糊) 本の背をのり付けし、表紙でくるんで綴じる方式。最も一般的な綴じ方。
平綴じ(針金) 本の背から5mmほどの位置に2〜3カ所、針金で綴じる方式。
中綴じ(針金) 表紙と中身を重ね、真中の折り目を数カ所、針金で綴じる方式。

本の構造と名称

本の構造と名称のCGイメージ

カバーや表紙の下部に巻く帯状の印刷物。宣伝広告やあらすじを入れることが多い。
カバー 本来は書籍の保護が目的。最近ではデザイン的なものが多い。
スリップ 書店配本の際に必要。書籍の中にはさみ込む短冊形で二つ折りの売上・注文カード。
スピン しおり、リボンとも呼ばれる。布製のひもで色も豊富。
本体 下記の項目は、必ずしもすべて必要とは限りません。
表紙 カバーと同様ですが、カバーを巻く場合、表紙は単色のものが多い。
見返し 表紙と中身の接合を補強するため、表紙の裏側に取り付ける丈夫な紙。
本扉 書名や著者名などを記載するページ。本文と違う紙を使うことが多い。
口絵 巻頭や本文の前に挿入する写真、絵画。本文と違う紙を使うことが多い。
本文 下記の項目は、必ずしもすべて必要とは限りません。
序文 発刊にあたり恩師などから頂いた文章、巻頭言、はじめになどを記載したページ。
目次 編・章・節などの見出しにページを付与してまとめたページ。
中扉 編・章・節などの区切りに挿入する見出しのみを記載したページ。
本文 主となる文章、写真、イラスト、表などを記載したページ。
参考文献 年表、参考文献、参考資料などを記載したページ。
あとがき おわりに、発刊協力のお礼などを記載したぺージ。
奥付 巻末にある書名、著者名、発行日、発行所、印刷所など記載した部分。
上段に著者略歴などを入れることが多い。

その他の用語集

完全版下データ 印刷所側にて制作・編集・修正することなく、そのまま製版、または印刷工程に進むことができる原稿データのこと。
一般的には、Adobe IllustratorやInDesign、QuarkXPressなどのDTPソフト、またはMicrosoft Wordなどで、既にページアップされたデータやPDFファイルが多い。
キャプション 写真やイラスト、図表の説明文のこと。
校正 プリントされた校正紙(ゲラ刷り)で、文字や記号の誤植(誤り)や脱字(抜け)、および写真、レイアウトなどをチェック・修正すること。
1回目を初校、2回目を再校、すべての校正作業が完了したことを校了と言う。
装丁 本文を綴じて、表紙・見返し・扉・カバーなどを付け、本として整えること。
一般的にカバー・表紙デザインのことを装丁と呼ぶことが多い。
ノンブル ページ数を示す数字のこと。
PP加工 PPはポリプロピレンの略称。PPフィルムを用紙の表面に貼ることにより、保護や耐久性、光沢感の向上などの効果がある。カバーや表紙などによく使用される。
マットPP加工 PP加工と同様の効果だが、光沢を抑え、しっとりとした質感の仕上りになる加工。通常のPP加工よりも少し割高になる。

作業の流れ